2012年03月02日

NEXでEOS「絞り連動AEが使えるConurus/Metabones製NEX用EFレンズアダプタ」"Canon EF lens to Sony NEX Smart Adapter" 電子マニュアルフォーカスのレンズにもISにも対応

ConurusというカナダのブランドのEOS(EF)-NEXアダプタ、発売前よりずーっと気になっており、
twitterでも発言を注意深くチェックし、いち早く購入し、ここに意気揚々とレビューを載せるつもりで息を潜めておりました...
が、うっかり発売タイミングを見逃し、売り切れに地団駄を踏んでおりました。

しかし2ndバッチは発売元の香港Metabnones(メタボーンズ:なんて名前だ!!)より意外に早く案内が来て、早速注文、なんと2日後には到着しました。
なお値段は送料込みで$399です。
しかも2ndバッチではいくつかの問題も解決され、むしろファームアップのために送り返す手間が省けてよかったのでは、ないかと思っております。


さて、何故そんなにこのEOSのレンズをNEXで使うアダプタが欲しかったのか、
そこまでして使いたいEOSのレンズがあるのか?

まぁ人それぞれでしょうが、自分には
・EF85mmF1.2LII
・EF50mmF1.0L
というかなり稼働の高い2つのレンズがあります。この明るさのレンズはEOSでないとなかなか現実的に楽しめません(例えばNOCTILUX-M 50mm f0.95はだと1,113,000円、ちょっとした車が買えます。しかもオートフォーカスできません!)。
この明るいレンズを、高感度に強いと言われるSONY製センサーで使ってみたかったのです!
最もその明るさが最大限に活かされる=ボケ量、感度換算でのシャッタースピードが活かされるのはフルサイズの時なワケなのですが...

ところが以前書いたように、上記はじめごくごく一部のレンズは「電子マニュアルフォーカス」といって
通電しないとピント調整ができない、特に便利でもない割に故障リスクも高く、その上レンズアダプタ遊びができない(これはこちらの都合ですが)、まったく迷惑な仕様になっているのです。ついでに愚痴らせてもらうと、レンズを下に向けていると通電していてもレンズの重みでピントが勝手に変わります。フォーカスしたい時にできず、変えたくなくても勝手に変わるのです。

とにかく、これら一部のレンズは通常のレンズアダプタでは、絞りはもちろん、マニュアルフォーカスすらさせてくれません。

また念の為おさらいさせていただくと、EOSのレンズはすべて電磁駆動絞りといって、電気的に絞りを開け閉めするため、そういった電子制御の機能を持たない通常のアダプタでは、絞り開放状態固定でしか使えないのです。

つまり
・一般的にEOSレンズ用のアダプタは絞りが開放固定になる。
・アダプタに絞り機能が付いているものもあるが、絞るとケラレたり、EF-Sレンズで使えないなど大きな制約がある。
・また電子マニュアルフォーカスのレンズではピントも動かせないので全く使えない。
・ISが使えるとか、考えたこともなかった。


これが、このアダプタだとどうなのか?
結果から言うと、
両方のレンズで、絞りを調整してAEが働きます。
マニュアルフォーカスもできます。
なお検証はNEX-5N、ファームウェアVer.0.3でのみ行なっています。

ただし、基本的にいずれのレンズも、ピントリングを動かさないと拡大表示されません。
通常の電気接点のないアダプタでは、拡大表示ボタンが右側に常に出ます。これがピントリングを回さないと出ないのです。
さらにEF50mmF1.0Lは拡大表示ボタンがどういう操作をしても表示されません。つまり拡大表示でピント合わせができません。

そしてもう一つ、これらの重たいレンズを付けて思ったのは、「EVFが欲しい!!」。重たいレンズを手に持って背面の液晶画面覗くのは、ちょっと安定しませんね。
にわかにEVF機能のあるNEX-7が欲しくなりました。

動作テストレンズ(2012/3/5更新, NEX-5N, Ver.0.3 なおMFA=マニュアルフォーカスアシスト)
・EF50mmF1.0L (AE:○ MFA:×)
・EF50mmF1.2L (AE:○ MFA:○)
・EF50mmF1.4
・EF85mmF1.2LII (AE:○ MFA:○)
・EF85mmF1.8 (AE:○ MFA:○)
・EF135mmF2.0 (AE:○ MFA:○)
・EF-S17-55mmF2.8IS (AE:○ MFA:○ IS:?)
・MP-E65mm (AE:○ MFA:× )
・Tokina 11-16mmF2.8 (AE:× MFA:○)
・Tamron18-270mmF4.5-6.3VC (AE:○ MFA:× IS:○)
・Sigma30mmF1.4 DC
・Sigma50mmF2.8 DG Macro (AE:○ MFA:×)
名称未設定-2.jpg
*またマニュアルフォーカスアシストが機能するものは上記Tokinaを除きピントリングを動かして始めて機能します。(DMFモードのアシスト機能と同じ動き)
*ISについてはEF-S17-55mmのISについては機能しているか不明。
IMG_6618.jpg
[まとめ]
・EOSのレンズで絞りを制御してAEで使えます。
・EXIFにも絞りデータがきちんと出ます。
・電子マニュアルフォーカスレンズでのマニュアルフォーカスが可能です。
・マニュアルフォーカス時の拡大アシスト表示機能はレンズによって現状使えません。
【2012/3/6 補足】 Conurusによると距離情報を取得できないレンズは、アシスト機能が使えないそうです。(距離の変化を読んでアシスト機能を起動しているんでしょうか)また提案としてはボタンのカスタム設定でアシスト倍率設定をすれば解決するということでしたので、実際にそうして使っています。
・ISも機能します。(Tamron 18-270mmF4.5-6.3でのみ確認)


EOSにしかないレンズをNEXで使いたいなら買うしかない!
ただし現状完全に対応しているとは限らない模様。

とにかく諦めかけていた電子マニュアルフォーカスのレンズが使える、またISが使える、これはAE以上に個人的には画期的なことでした。

なお電子マニュアルフォーカスを使用したEFレンズは現行品ではEF85mmF1.2LIIくらいだと思います。多分...
posted by 曽我五郎 at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | マウントアダプター