2014年02月23日

「完全電子制御のEF-m4/3版Speed Boosterはもうすぐ発売される」らしいです→発売

MetabonesのSpeed Boosterの設計者のBrian Caldwell氏がDpreviewに投稿した記事のコメントによると完全電子制御(AE/AF/IS対応)のEF-m4/3版Speed Boosterはもうすぐ発売されるそうですね、楽しみです。(ちょっと噂サイトの体?)

半年以上この手の話に翻弄されている身としては
まあ知りたいのは、その「もうすぐ」ってのが「いつ」なのかってことですが...

http://www.dpreview.com/forums/post/53162354より 2014.2.21の投稿
「完全電子制御のEF-m4/3 Speed boosterはもうすぐリリースされる。それは設計や製造のための試作品ではない。思い出してほしい、最初のSpeed BoosterのモデルはEF-NEXなのだ。だからこれは水面下で進められている計画とかではない。」
"A fully electronic EF - m4/3 Speed Booster should be released soon. Its not a trivial product to design and manufacture. Remember, the very first Speed Booster was Canon EF - to - Sony NEX, so there is no hidden agenda going on."


追記2015年6月現在Metabones社の電子接点付アダプタはAEには対応していますが、AFには対応していません。
また2015年6月現在KIPONのモノはフォーカルレデューサがありませんがAFに対応。この手のアダプタとしては、レンズによりますが、かなり速いようです。続きを読む
posted by 曽我五郎 at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | マウントアダプター

2014年02月21日

「各社Speed Booster vs Lens Turbo画質比較(解像度・ホットスポット)」

DPreviewに、Metabones製Speed Boosterの設計者Brian Caldwell, PhDより、各社製マイクロフォーサーズ用フォーカルレデューサ機能付きアダプタの比較記事の投稿がありました。

■概要
投稿は
・解像度
・ゴースト発生

について

1) the Light Cannon by Vizelex
2) the Lens Turbo by Zhongyi
3) the R.J. Focal Reducer
4) the Speed Booster by Metabones

の各社フォーカルレデューサ付アダプタを比較をしています。

この結果を主観的にみると
・解像力
4) the Speed Booster by Metabones >> 2) the Lens Turbo by Zhongyi > 3) the R.J. Focal Reducer >> 1) the Light Cannon by Vizelex
かなと思います。
▼下記はレンズの中心域での解像度比較(解像力チャートを撮影-抜粋)
解像力比較.jpg

・ホットスポットの発生
1) the Light Cannon by Vizelex > 4) the Speed Booster by Metabones >> 3) the R.J. Focal Reducer > 2) the Lens Turbo by Zhongyi
となりますが、the Light Cannon by Vizelexは解像力の結果があまりにひどいので選外でしょう。
▼下記は中間域で最もひどくホットスポットが出たケースの比較(ホワイトボックスに黒い布テープを貼って撮影-抜粋)
ホットスポット比較.jpg

■詳細 Brian Caldwell氏の投稿 "Micro Four Thirds Focal Reducer Shootout"

brian-caldwell[1].png
「メタボーンズより2013年6月にm4/3向けの汎用フォーカルレデューサが発売されて以来、いくつかの同様の製品が登場した。私の知る限りこうした製品の解像度に関するシステマチックなテストが公表されたことはなかったので、今回テストチャートを用いた等倍比較を行うことにした。

下図のマトリックスは、
テストチャートをニコン 50mm f1.4G(開放)というレンズで撮影した結果の
中心、左側、右側、全四隅を等倍で切り取ったものだ。
1) ライト・キャノン by Vizelex
2) レンズ・ターボ by Zhongyi (Mitakon)
3) R.J.フォーカルレデューサ
4) スピード・ブースター by Metabones
テストチャートはEdmund Opticsから安価で入手できる標準解像力チャートを用いている。http://www.edmundoptics.com/testing-targets/test-targets/resolution-test-targets/resolving-power-chart/1665
なおこのチャートは明るさが一定でなく、右側がやや明るくなっていることに注意されたい。
またどの場合も、中心のコントラストが最大になるように撮影している。使ったカメラはパナソニック製G6だ。」

"Since Metabones released the first
general purpose m4/3 focal reducer in June 2013 several more products have appeared on the market. To my knowledge, there haven't been any systematic high resolution comparison tests of these focal reducers, so I decided to shoot a test chart and put together a matrix of 100% crops.

The matrix below shows 100% crops from the center, left side, right side, and all four corners of test chart images taken with a 50mm f/1.4 Nikon G lens (wide open) attached to: 1) the Light Cannon by Vizelex; 2) the Lens Turbo by Zhongyi; 3) the R.J. Focal Reducer; and 4) the Speed Booster by Metabones. The test chart used is a standard Resolving Power Chart available at low cost from Edmund Optics: http://www.edmundoptics.com/testing-targets/test-targets/resolution-test-targets/resolving-power-chart/1665 . Note that the chart illumination wasn't perfectly uniform, and was a little brighter on the right side. In each case, focus was adjusted for maximum contrast in the center of the field. The camera used was a Panasonic G6."


▼解像力比較結果(クリックで大きくなります)
比較: 1) the Light Cannon by Vizelex; 2) the Lens Turbo by Zhongyi; 3) the R.J. Focal Reducer; and 4) the Speed Booster by Metabones

Brian Caldwell氏の投稿 "Shootout Part 2: Hotspotting"
次の検証では、背面光源のソフトボックスに黒いガッファーテープ(布製粘着テープ)を四角く切り取ったパッチを前面に貼ったものを撮影した。レンズはシグマ製18-35mm f1.8を絞りf16にしている。このレンズを使った理由は、ズームの最中35mmの焦点域で70.3mm、18mmの焦点域では149.4mmに射出瞳が変化する。このことが射出瞳に大きく依存するホットスポットの検証では役に立つ。
なお、149.4mmというのは、一般的に言って長い射出瞳である。普通の一眼レフの射出瞳は100mmにも満たないものだということに注意されたい。

シグマのレンズにつけたのは以下の通り。
1) ライト・キャノン by Vizelex
2) レンズ・ターボ by Zhongyi (Mitakon)
3) R.J.フォーカルレデューサ
4) スピード・ブースター by Metabones
5) 素のアダプタ経由のシグマレンズ(フォーカルレデューサなし).
Lens Turbo and R.J. Focal Reducerのケースでは、中間域の焦点距離でホットスポットが最もひどく出てるので、それを選んだ。これは絞りのゴーストがはっきりと出ているときに発生する。スピードブースターで一番ひどく出るのは、焦点距離18mm(広角端)のときだ。
こうしたホットスポットは光軸上に絞りのゴーストイメージがあるため、フレームの真ん中あたりでは、いつでも起こっている。

シグマの18mm-35mm f1.8そのものは、最下段の2つのイメージを見て分かるように非常にゴーストの発生が少ない。比較したフォーカルレデューサの中では、Vizelexのライト・キャノンが最もホットスポットが少ない。それは光学系が一個のレンズエレメントで構成されているからに他ならない。しかし残念ながらその簡潔な設計は、解像力では前記のように絶望的な結果になっている。

In the second part of the focal reducer shootout I shot images of a back-illuminated soft box with a square patch of black gaffers tape taped to the front. The lens used was the Sigma 18-35mm f/1.8 set to f/16. The reason I used this lens is that its exit pupil varies substantially during zoom, ranging from 70.3mm at the 35mm focal length to 149.4mm at the 18mm focal length. This is useful because hotspotting behavior is strongly dependent on the exit pupil distance. Note that 149.4mm is an unusually long exit pupil distance, and most SLR lenses have an exit pupil distance less than 100mm.

Combined with the Sigma lens are 1) Vizelex Light Cannon; 2) Zhongyi Lens Turbo; 3) R.J. Focal Reducer; 4) Metabones Speed Booster; and 5) Sigma lens by itself with a plain adapter (no focal reducer).

In the case of the Lens Turbo and R.J. Focal Reducer the intermediate focal length position was chosen to show the worst instance of hotspotting. This occurs when there is a sharp ghost image of the aperture stop. For the m4/3 Speed Booster the worst hotspottiing occurs at the 18mm focal length position (exit pupil distance = 149.4mm). Hotspots like this always occur in the middle of the frame because they are ghost images of the iris opening, which lies on the optical axis.

The Sigma 18-35mm lens by itself has very low ghosting, as shown by the two images in the bottom row. Among the focal reducers, the Vizelex Light Cannon performs best because it has only a single optical element. Unfortunately, this simple design also means that image sharpness is extremely poor, as can be seen in Part 1.

DISCLAIMER: I'm the designer of the Speed Booster optics.


▼ホットスポット比較結果(クリックで大きくなります)
6183708225fa4e28854f2836adaee143.jpg
posted by 曽我五郎 at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | マウントアダプター