2015年08月13日

メモ:Sonyα7RIIとCanon EFレンズでオートフォーカス(Metabones/KIPONのアダプターでちょびっと試して...)

Sony α7RIIとCanon EFレンズのオートフォーカス
マウントアダプター経由でも位相差検知AFが使えるようになったというα7RIIをMetabones/KIPONのアダプターでAFを使ってみた。
- EF85mm F1.2L II USM:もともと遅いということもあり、全く速くない。
- EF40mm F2.8 STM:使えないことはない。
- SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art:まあまあ使える。しかしMetabones firmware V0.41では不安定(数回撮影後AFが効かなくなる)。不思議なことにV0.40だと問題なく使える。(9.22更新 V0.43で解消しています)

このわずかな例からは、Canon DSLR機ほど速いという印象は今のところ全くないが、今までのAFを全く使おうと思えなかったレベルからは脱出できたかもしれない。またα7RIIそのものは総じて素晴らしい印象(特に画について)。操作性も第一世代からはずいぶんよくなった。
追記:V0.45、EF85F1.2 IIで普段撮影していますが、AFポイント中央部においてはかなり普通に使えています。

そのうちいろいろなレンズで使ってみる予定。しかし次第にSonyのレンズが充実してきたこととCanonのボディの稼働が極端に減ってきたので、Canonのレンズと併用するメリットが薄れてきている(Canonさんもっと焦って下さい)。
追記:Metabonesに問い合わせたところ、α7RIIの検証は来週からとのこと。ファームアップでの改修に期待。
なお、現時点でMetabonesはα7RII対応を特に謳ってはいないので動作しなくても文句は言えない。(9.22更新 V0.43でα7RII対応しています)

いつのまにかMetabonesのSmartAdapterは内面反射を抑えたTモデルが発売になり、既存品はディスコン。上記V0.41はTモデルで検証。
Mark4VS4T_S[1].jpg
posted by 曽我五郎 at 03:48| Comment(5) | TrackBack(0) | マウントアダプター

メモ:爆速?KIPON EF-M4/3アダプターちょびっと試写

KIPON EF-M4/3アダプター
爆速と言われるKIPONのEFレンズ-m4/3用AFアダプターPanasonic DMC-GX7SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Artで試用。
この組み合わせでは爆速というまでは至らず、またAFが合ったり、合わなかったり。動作もやや不安定(ただしこの手のアダプタとしてはむしろ安定している)。結果としてMFで使うほうがはるかに快適。
STMモデルとの相性がいいようなので、試した組み合わせがよくなかったかも...というよりそもそもかなり限られた組み合わせでの話なので...

個人的にはレデューサ付きモデルがあれば欲しいと思ったが、フルサイズミラーレスが一般的になった今M4/3であえてレデューサをつけてまでCanonのレンズを使うよりは、望遠効果を活かした使い方のほうが適材適所なのかもしれない。
またファームウェアの公開の場所については検討中とのこと。
追記:焦点工房のページにてVer.2.4 (2015.8.1)が公開されていました。

なお発売当初AFが使えなかったm4/3用Metaboesのアダプターも最新ファームでAF対応らしい。
posted by 曽我五郎 at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | マウントアダプター

メモ:F0.85を誇るHande Vision IBELUX 0.85/40mmをちょびっと試写(m4/3で)

Hande Vision IBELUX 0.85/40mm
F0.85を誇るHande Vision IBELUX 0.85/40mmをPanasonic DMC-GX7で試用。
非常に高価なだけあって、この手の大口径としては全体に破綻のない端正な画質。
ただマイクロフォーサーズで使った場合F0.85というのは被写界深度で見るとフルサイズF1.7程度なので、感覚的にはフルサイズの85mm F1.8に近い。F0.85という数字のインパクトは大きいが実際の絵はフルサイズ大口径に慣れている感覚では意外とありふれた印象。
そう考えるとm4/3でこのレンズを使うのはそれほど有難味がなかったりする。APS-Cモデルで楽しむべきレンズと思う。(APS-Cでは50mmF1.2をSpeedBoosterで使うのとだいたい同じ感覚か...)

あと作りは重厚感があっていいのだが、レンズが大きく持つのにそこそこ力がいる一方でフォーカスリングが根元にあるため(根元を支えながらの)フォーカシングはしにくかった。

以下GX7で撮影。絞りは開放。Photoshopで縮小。
Hande Vision IBELUX 0.85/40mm Panasonic DMC-GX7

P1550665.jpg

Hande Vision IBELUX 0.85/40mm Panasonic DMC-GX7

Hande Vision IBELUX 0.85/40mm Panasonic DMC-GX7


Hande Vision IBELUX 0.85/40mm Panasonic DMC-GX7

P1550730.jpg

Hande Vision IBELUX 0.85/40mm Panasonic DMC-GX7g

明暗差の大きい部分を拡大。(粗探しになってしまいましたが、大口径レンズの開放ではごく一般的というか、むしろこの手のレンズとしては悪く無い部類と思います)
P1550656_.jpg
posted by 曽我五郎 at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | レンズ