2019年09月28日

Samyang AF85mm F1.4 ファームアップに失敗

Samyang AF85mm F1.4 FE軽くて大変気に入っているのですが
ファームウェアのアップデートに失敗しまして意気消沈しております。

そもそもファームアップするのに別途専用のハードウェア(=レンズステーション)の購入が必要というのが非常に気いらず(純正のみならずSIGMAやTamronは本体経由でバージョンアップが可能)、そしてこのファームアップのためのソフトがこれまた非常にいまいちなUIで、その上失敗....

結果、レンズは本体につけても絞り、フォーカスとも作動せず、気にせずシャッターを切ると本体がブラックアウトし、その後リブートします。
▼本体からレンズのバージョンを確認すると57?に...ここはVer.03とか04とか出るのが正解なはず。
samyangfirmfailed.jpg
これに先立ってバージョンアップしたAF24mm F2.8 FEは正常に機能しておりますので、手順を間違えたとか、レンズステーションの故障とかではないかと思います。また、よく確認しましたので、違うレンズのファームウェアをあげてしまったということもないと思います。

追記:日本の代理店になっているケンコートキナーで見てもらいましたが、やはりファームウェア更新できずおかしい状態とのことで、交換となりました。本社で再生処理とかするのかもしれませんが、なんかもったいないですね。

なお以下UIについての不満(専用のソフトを使わせておきながら、このUI...)
始めに接続ポートを選ばせる(これ必要ですかね?)
日本語もおかしいような
Samayang2019-09-28 224756.png

ファームアップは以下の3つのステップ
(これ1つでいいと思うんですよ。)
1. Samyangのサイトへのリンク、ここから自分でファームウェアをダウンロードし、自分で解凍する必要がある。
2. ファームウェアのファイルを指定する。
3. 更新する。
Samyang 2019-09-28 234502.png
posted by 曽我五郎 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記