2014年08月16日

キヤノン アトムレンズ(放射能レンズ)リスト

メモ

硝材に酸化トリウムを使ったレンズは放射線を発し「アトムレンズ」などと呼ばれています。内部被ばくでないと健康上の害はほとんどないそうですが、光学的には特有の黄変という問題もあり、注意が必要です。なお黄変は紫外線の照射で改善するようです。
(Radioactive lenses - Camerapedia:より抜粋、キヤノンカメラミュージアムへのリンクは筆者)
FL 58mm f/1.2
FL 50mm f/1.8
FD 17mm f/4
FD 35mm f/2.0 (versions from the early 1970's, concave 前玉が凹レンズ)
FD 55mm f/1.2 S.S.C. Aspherical
(筆者注:キヤノンの55mm F1.2というスペックのレンズは、上記のレンズ以前にもFD55mm F1.2, 同AL, FD55mm F1.2 S.S.C, 同ALなど、いくつも製品がありますが、なぜ比較的新しい1975年発売のこのレンズ?という疑問は残ります)

参考:「アトムレンズとは(放射能レンズとは)トリウムレンズとは」
posted by 曽我五郎 at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | レンズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102442081
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック