2015年06月27日

トランスルーセントなEFレンズ-Eマウントアダプタ

α7RII予約しました。

価格は高いかもしれませんね。最近思うんですが、一部の分野を除き、一般に企業が写真撮影というものに多くの費用を払わなくなってきた昨今、この手の高額カメラって費用対効果求められるプロ(個人)より、買うのはハイアマチュアが多いんでしょうね。

もちろん機材がすべてではないですが、機材に依存しやすい状況では、機材に潤沢にお金をかけられるアマチュアのほうがよい作品をあげてくるということも多くなるかもしれません。(まあそういった分野は多くの場合プロでも個人より制作会社のテリトリーなのでしょうけど)

さてこのα7RII、キヤノンユーザの自分にとっては、キヤノンのEFレンズ群が電子接点を持つMetabonesのマウントアダプターで普通にオートフォーカスで使用できるらしい、という点が予約に至った大きなポイントですが、Sonyalpha Rumorsを見ておりましたら、トランスルーセントなEFレンズ-Eマウントアダプタというのが、サードパーティ(Contax GレンズAFアダプタが有名なDEO Tech / Techart(すでに製品告知バナーあり))で準備されているそうですね。

このアダプタを使うと
α7RII以外のNEX/ミラーレスαでもCanonのレンズを実用的なスピードのオートフォーカスで使える
ということになりそうです。

上がっていた動画は削除されておりますので実際にどの程度のものかわかりませんし、わざわざこの手の製品を利用するユーザの要求レベルはそれなりに高いと思いますのでまあどこまでというのはあるかもしれませんが、もしまともに使えるものが出たらキヤノンユーザのNEX/αの併用/移行がさらに少し進みそうです。
http://www.sonyalpharumors.com/coming-soon-worlds-first-translucent-e-mount-adapter-for-canon-lenses/
Adapter-700x306[1].png
写真はSonyalpha Rumorsより

あ、Speed Boosterみたいなフォーカルレデューサ内蔵モデルもあるとAPS-C α/NEXユーザはうれしいですね。

EFレンズの使用に関連する記事:Sony α7RII:裏面照射フルサイズでサイレントシャッターでボディ内5軸手ぶれ補正、要するに全部入りのα7RII、たぶん買います。
posted by 曽我五郎 at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | マウントアダプター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/145919159
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック