2011年01月20日

GITZO(ジッツオ) GT1542Tの疑問 - GT1542T、GK1580TQR5、GK1580TQR4ようやく日本で発表!

めでたく、ようやく日本でもGT1542Tが発表されました。
想像通り脚部の付け根がオーシャントラベラー同様の流線型になり
剛性を強化したようです。
■トラベラー三脚「GT1542T」の特徴
従来の雲台無し4段トラベラー三脚GT1541T の後継機です。
GK1580TQR4 同様、本体部の構造やセンターポールのロック機構が改善されたことで剛性が大幅に向上しています。
長いセンターポールが搭載されているので、収納時に脚が雲台に当たる心配がなく、撮影時に高い位置に上げることができます。


で、折りたたみの写真を初めて見たのですが
エレベータが長くなって雲台が畳んだ脚と干渉しないようになったのはいいのですが、
これって実際の収納長が三脚の縮長+雲台の高さにそのままなってしまって、雲台つけたままだとあまり収納効率が高くない、というか通常のマウンテニアモデル(GITZOの一般的な形状のカーボンモデル)と比べあまりメリットがないのでは???
うまい仕掛けがあるのかな?
にわかに同じ1型4段トラベラーで、エレベータ部が短めのGK1580TQR4が気になってきました。
個人的な本命はGK1580TQR5かな...

そして何気に今ならGT1541Tがバーゲンプライス!!今買うならこっちのほうですかね。
GT1550T(1型5段、雲台付き):従来価格99,750円→限定セット64,050円、LEDライト付属 [50セット限定]
GT1541T(1型4段、雲台無し):従来価格88,200円→58,800円、LEDライト付属 [100セット限定]
※価格はいずれも希望小売価格(税込)

しかも
■「ジッツオ買い替えキャンペーン」(〜2011年4月30日)への適用について
GK1580TQR5、GK1580TQR4、GT1542T:対象外です。
GT1550T限定セット、GT1541T限定セット: 対象となります。


しかし「最も模倣されてきた製品」ってほんとですね。
参考:BENRO, FEISOL, SIRUI, Photoclam, HORUSBENNU, TRIOPO, FOTOPRO

【トラベラーキット/三脚 各製品仕様】

- トラベラー三脚キット 1型5段 GK1580TQR5
脚素材:カーボン6x
センターボール:ラピッド式
脚段数:5段
全伸高:149cm
伸高:130cm
最低高:20cm
格納高:35cm
自重:1.16kg
最大耐荷重:5.5kg
希望小売価格:¥105,000

- 三脚キット 1型4段 GK1580TQR4
脚素材:カーボン6x
センターボール:ラピッド式
脚段数:4段
全伸高:150cm
伸高:125cm
最低高:22cm
格納高:41cm
自重:1.23kg
最大耐荷重:5.5kg
希望小売価格:¥99,750

- トラベラー三脚 1型4段 GK1542T
脚素材:カーボン6x
センターボール:ラピッド式
脚段数:4段
全伸高:149cm
伸高:116.5cm
最低高:22cm
格納高:42cm
自重:1kg
最大耐荷重:7kg
希望小売価格:¥81,900


つづき
・「GITZO(ジッツオ)GT1542Tの疑問 <続> トラベラー三脚の意味無いじゃーん」へ

広告です。
新型のGT1542T買うなら筆者はこっちにします。雲台はヤフオクで売ると思いますが。
posted by 曽我五郎 at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 三脚
この記事へのコメント
曽我様へ
ジッツオ三脚を調べていたらこちらのHPに辿り着きました。F6ビギナーと申します。

早速ですが、アドバイスを頂戴出来たらと図々しく質問させていただきます。
機材は、ニコンF6とレンズが、35/2D・60/2.8Dマイクロ・105/2.8Dマイクロです。身長は165です。今の三脚はスリックカーボンスプリント614ですが、ちょっと不安な状態です。
今、GK1580TQR4、GT1542T、GK2580TQRで悩んでいます。雲台は梅本がいいなあと漠然と思っています。
被写体は風景(低山も)や花などです。将来的には135DCか180/2.8のレンズを増やしたいと思っています。
そこで、ズバリお勧めはどの三脚でしょうか。2型を加えたのは、やはり太いほうが安心なのかなと。でもかさ張るかなという不安もあります。
雲台を含めて良きアドバイスを頂戴出来たらと思っています。
また、トラベラーはセンターポールを伸ばしても不安はないのでしょうか。その辺も使っている曽我様の体験をお聞かせ頂ければありがたいです。
よろしくお願いします。
Posted by F6ビギナー at 2012年05月14日 22:21
F6ビギナーさま
ご返信大変遅れまして申し訳ありません。
万が一まだ回答が間に合いましたら...

一台ですべてを賄おうというのでなければ、
GK1580TQR4
が、お使いのレンズからよいかと思います。
センターポールについて、伸ばさないに越したことはありませんが、トラベラーのサイズはセンターポールを伸ばして使う前提で設計されていると思いますので、ご提示のレンズの範囲で使う分には特に不安はありません。
ただお使いの機種がミラーアップでレリーズできるのであれば、ミラーアップ+リモートのレリーズを強くおすすめします。

GT1542Tは、本文で述べましたようにセンタポールが長くたたんだ時に雲台分がはみ出てしまいますので、トラベラーのメリットが活きないように思います。

GK2580TQRはもう少し長めのレンズでも使える、使いでの良い三脚と思いますが、ご提示のレンズだとそこまでなくても良いかと思います。

梅本製作所の雲台については、別の記事に書いた通り、設計者の思いが伝わるよい機種とは思いますが、アルカスイス型の雲台に比べるとサイズに対する保持力が弱く(ボール径が目安になります)、大型のモデルを選ばないといわゆるカックンする雲台の印象かと思います。

コストパフォーマンスでは、SIRUIのKXシリーズの雲台がオススメですが、アルカスイス型のプレートを用意する必要があります。

以上大変遅くなってしまいましたが、何かのお役に立ちましたら...
Posted by 曽我五郎 at 2012年07月27日 01:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42762548
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック