2011年01月26日

Think Tank Photo(シンクタンクフォト)Big Bazooka(ビッグ バズーカ) 太くて短いGITZO(ジッツオ)GT3541LSにピッタリあう三脚ケース

GITZO 3541LSはシステマチック三脚といって、いろいろなユニットがセット出来るよう雲台受け部が大きく、縮めた状態ではやや寸胴なのです。
このため純正含め、ぴったりサイズがあうケースがなかなか見つからず、どうやらGITZO 3541LSのケースを探してらっしゃる方が、当サイトにもちょくちょくいらっしゃるようなので、今回はGT3541LSの収納に使っているケースをご紹介します。

Think Tank Photo(シンクタンクフォト)のBig Bazooka(ビッグ バズーカ)
http://www.thinktankphoto.jp/2007/08/07/bigbzk/

内寸:42〜77.5 x 15.2 cm
外寸:43.2〜81.3 x 18.4 cm
(寸法表記が細かいのはインチをメートルに変換したからだと思います。)

重量:656g

このケースの特徴は、なんといっても三脚にあわせて長さを調整できる万能っぷりです。
この調整機能のおかげで、かなり寸胴なGT3541LSでも無駄なくピッタリ収納できるのです。

作りは結構がっつり出来ていて、衝撃にもろいカーボンでは安心感が高いのですが、普段持ち歩くのにはちょっと大げさかな。
656gを重いと思うかは人それぞれですが、せっかくの軽量カーボン1.72Kg、個人的には少しでも軽いままで持ち運びしたいので、三脚ストラップで済ませてしまうことが実は結構多いのですが...

この「ビッグ バズーカ」、GT3541LSでは太さがちょうどいいので、おそらくワンサイズ下の「バズーカ」だと収納できないと思われます。なお私はArca-Swissの自由雲台Z1とBenroのパノラマクランプPC-1の組み合わせで問題なく収納できていますが、かさばる3way雲台とかだとまた話は全く違ってくると思いますので、念のため。
(今確認したところHUSKY(ハスキー)3段だと横に出ているパン棒を外せば入ります、もしかするとスゴイHUSKY向きかも...)

[背景]
ちなみにGITZO(ジッツオ)GT3541LSという製品は、この最後の"S"が示すところであるのですが、システマチック三脚と言って、エレベータが標準ではついておらず、エレベータの代わりに、レベリングベースやビデオ雲台などいろいろなユニットを付けられるようになっています。もちろん他に何も付けない標準の状態でも、きっちりと雲台を載せることができるのです。

http://www.gitzo.jp/product/79622.78250.81503.0.0/GT3541LS/_/SER.3_6X_SYSTEMATIC_4S._LONG

格納高 55.0 cm
開脚角度 24°. 55°
脚段数 4
耐荷重 18 kg
素材 carbon fiber 6X
全伸高 146.0 cm
最低高 10.0 cm
シリーズ 3
自重 1.72 kg


この製品のメリットはそうした拡張性もあるのですが、単にエレベータを使わないでいい、つまりその方が剛性が高いし、余計な物が無い分軽くて、価格も安く済むということを理由に、この製品を選択している方が結構多いように思います。

まあともかく、GT3541LSは色々なユニットをセット出来るよう脚の付け根はかなり大きな円状になっていて、一般の三脚に比べると、脚を縮めた状態では結構寸胴なルックスになっているのです。

この長さの割に太い形状のため、通常の三脚ケースだと細すぎて収まらないか、太さに合わせるとやけに長すぎる(無駄なスペースの大きい)三脚ケースとなってしまうのです。
IMG_2533.jpg

(そんなわけで、はじめに戻る...)

[広告です]
posted by 曽我五郎 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 三脚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42948185
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック