2011年02月18日

SIRUI(シルイ)買っちゃった M-3204 珍しい3型カーボントラベラー三脚

今手元にSIRUI(シルイ)の3型(=脚径32mm)カーボントラベラー三脚M-3204があります。
思いがけずポチッてしまったのです。
トラベラー三脚には珍しい3型(=脚径32mmクラス)のやや大型の三脚です。
SIRUI M-3204
http://www.sirui-japan.com/products/m/m-3204.html

段数:4
パイプ径:32/20mm
全伸高:1480mm
伸高:1770
最低高:155mm
収納高:510mm
重量:1.7kg
耐荷重:18kg
価格:79,275円(税込)



IMG_3512.jpg
▲アルミ削り出しによる金属部


というわけで、簡単に雑感。
アルカスイスモノボールZ1を装着。270mmズームレンズ、APS-Cでブレ検証、問題なし。
(まあ先日CP+で触り倒していたので、概ね作りのよさは確認済み。)
・十分な剛性
概ね日本のブランドの三脚よりはよく出来ていると思うし、剛性そのものはGITZOに特に劣るとは思わない。
ただGITZO、特にGロックモデル特有のかっちり、重厚=オーラはまだそれほど感じない。
・珍しい3型(脚径32mm)トラベラー三脚
(=脚を折り返すことで雲台部分の長さを節約し、コンパクトに収納できるタイプ)
エレベータ無しで十分伸高があり(1480mm)、通常はエレベータを使わないと思う。
その場合、トラベラー型は収納時必ずエレベータを伸ばすのでちょっと面倒。
また、折りたたみにはやや力がいる。(これらは1型(=脚径24mmクラス)では感じなかった点)
・一本の脚を外して一脚にできる。
トクした感はあるが、実用上ほとんどメリットを感じない。
これが役に立つケースというのが思い浮かばないのです。
・しっかりした付属品
結構ちゃんとした専用ケースと、三脚ストラップが付いてくる。これはおトク。
・収納はコンパクト
さすがトラベラー、収納はコンパクト。ケースに収まった姿はとても3型とは思えない!
・現在利用中のGITZO GT3541LSはあまり持ち歩きたいとは思わないしケースの選択に難儀するが、こちらは純正のケースが付属して実に持ち歩こうという気になるコンパクトな佇まい。(ただし重さは大して変わらない)
・安っぽくないウレタングリップ
脚にはしっかりフィットしたしたウレタングリップが付いてくる。このグリップ、ホームセンターで売っているスポンジカバーと違って薄く硬めで野暮ったさはないのだが、なぜか2脚にだけ付いている。

SIRUIホームページ:
http://www.sirui-japan.com/

以上感想まで

[以下広告です]
SIRUIの三脚・雲台
posted by 曽我五郎 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 三脚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43473211
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック