2011年02月19日

1型2型3型...とは 三脚用語集 GITZOによる三脚のクラス名

GITZOによる製品の分類やカタログの説明は整理されていて分かりやすいのと、いろいろなメーカのベンチマークやリファレンスになっているので、知っていると役に立つことが多いです。
GITZOのカタログ請求>>
http://www.gitzo.jp/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9/%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%AD%E3%82%B0%E8%AB%8B%E6%B1%82/
でもWebページには絶望的なまでにそのわかりやすさがないので、簡単に整理してみました。

1型2型3型...○型とは
GITZOによる最大脚径による分類で、三脚の基本性能を判断する目安。
(脚径は三脚の最も基本的な性能指標。自動車でいう排気量のようなもの)
またGITZOでは「シリーズ」と呼んでいる。
型 最大脚径... 目安となるレンズの焦点距離(画角)
00型 脚径16mm...〜焦点距離24mm
0型 脚径20mm...〜焦点距離75mm
1型 脚径24mm...〜焦点距離135mm
2型 脚径28mm...〜焦点距離200mm
3型 脚径32mm...〜焦点距離300mm
4型 脚径37mm...〜焦点距離400mm
5型 脚径41mm...〜焦点距離500mm
画角はすべて135フォーマットのカメラでの焦点距離

GITZOのカタログでは、概ね右に書かれている画角までが目安として適しているとされている。
35mmカメラでの画角なのでAPS-Cのカメラでは1.5倍して考える。つまり200mmのレンズであれば300mm相当であり、3型が適しているということになる。

一般にGITZOでは段数が増えるに従って径が約4mmずつ細くなる。
BENRO, SIRUIなどは最小径でもそれなりの太さを確保できるよう3mm〜3.5mmづつ細くなるというモデルもある。
また一般に1型以下を小型、2型を中型、3型以上を大型ということが多い。
【三脚用語集の最新記事】
posted by 曽我五郎 at 01:53| Comment(9) | TrackBack(0) | 三脚用語集
この記事へのコメント
初めまして、siruiの三脚に興味が有り検索をかけていたところ、たどり着きました。
siruiの三脚結構良さそうなのでまじめに検討中です。

もしよろしければお教え頂きたいのですが、siruiの雲台取り付けねじの大きさは3/8インチねじでしょうか?それとも1/4インチねじでしょうか?
お教え頂けると幸いです。
#本文と関係ない内容で申し訳ありません。

さて本題なのですが、この記事の記載おかしくはないでしょうか?(^^;;

>35mmカメラでの画角なのでAPS-Cのカメラでは1.5倍して考える。
>つまり200mmのレンズであれば300mm相当であり、3型が適しているということになる。

三脚はレンズの画角との関係ではなく、乗せる物の重量との関係が基本になるはずです。
#正確には、重量に対していかに精度良く、構図を保持できるか==画素数に対してのブレ量?、、でしょうか
もし、お書きになっているような対応だとすると、
たとえばnikon D300+AF-S70-200 F2.8(総重量約2.5kgと、nikonD700+AF-S200 F2.0(総重量約4kg)で比較した場合
重量は明らかにD700側の方が重いわけですが、D300側より小さい三脚で良いことになります。
ジッツオで言うとたぶん両方(D300側は間違いなく)2型で問題は出ないでしょうが、D700側は安心のために3型に乗せたくなるんじゃないか、、と。(200mmF2は300mmF2.8クラスの重量になるので)
ですので、画角換算の必要はなくそのままの焦点距離で見れば問題ないのではないでしょうか?

では
Posted by たらぞう at 2011年11月27日 13:14
たびたび申し訳ありません。

上記のように書きましたが、ジッツオのサイトには画角に対しての選ぶように記載されていますね。
大変失礼いたしました。

ただ先に書いたのような場合にそれでよいのか?とも思えるのですが、、。
Posted by たらぞう at 2011年11月27日 13:25
たらぞうさん

ご質問ありがとうございます。

■SIRUIの三脚の雲台取り付けネジについて
今手元にあるM3204については両用です。

■三脚の要求性能に対する画角の影響について
画角が違うと、手元のブレ量に対する画像へのインパクトが異なってきます。
仮に同じ重量のレンズで70mmと200mmで比べてみていただければ、さらにもしライブビューが可能であれば拡大表示して見ていただければ、すぐにわかると思いますが、画角の狭い200mmのほうが手元のちょっとしたブレでも画面上で大きなインパクトになって現れます(焦点距離ではなく「画角」です)。
軽くても望遠レンズに手ぶれ補正機能が付いているものが多いのも同じ理由ですね。

従いまして、三脚の要求性能に対し、重量のみならず画角は極めて大きな意味を持ちます。

またご指摘の70mm-200mmF2.8が2型での議論について、残念ながら2型のGITZOを持っていないことと、ブレに対する許容量が人によって異なるため明言はできませんが、

まず、2型で200mの望遠端、D300などAPS-Cで撮影の場合、日中野外などシャッタースピードが稼げる条件では問題にならなくても、屋内での撮影は結構厳しいと予想されます。(繰り返しますが人によって、また被写体によっても画像上のブレに対する許容量は違うと思います)

また、D700との比較では、重量という別のファクターが出てくるため、一概にどちらがどうとは言えないかと思います。(ぜひライブビュー拡大表示で実験なさってください)

以上ご回答まで
Posted by 曽我五郎 at 2011年11月28日 08:37
蘇我さん
解答ありがとうございました。

勉強になります。
確かに、おっしゃるとおり単純に重量だけではなく
画角が狭い方がブレには厳しくなるという旨
理解できます。

ライブビュー表示での拡大実験はどこかでやってみようかと思います。
と言いつつ、私も2型を所有しているわけでは有りませんので
如何に実験するかが難しいところではありますが、、、。


また、取り付けネジ径についてもありがとうございました。
これで心おきなくSiruiを選択することができそうです。

Posted by たらぞう at 2011年11月28日 22:20
たらぞうさん
ありがとうございます

SIRUIについて
SIRUIの製品は非常にコストパフォーマンスが良いと思います。
もし自由雲台を想定されているのであれば、
雲台も価格の割にとても使いやすいのでオススメです。

あ、回し者ではありません。
曽我
Posted by 曽我五郎 at 2011年11月30日 03:34
はじめまして。
三脚の購入を検討している超初心者です。
実は、三脚についていろいろ調べているうちに、
いろいろな難解な用語があるので戸惑っています。

クイックシュー(カメラと雲台をつなぐもの)まではなんとかわかったんですが、
クランプ?、クイックリリース?・・・などなど。
これらはクリックシュートはまったく別物なんですか?
三脚って雲台と脚を購入しただけでは使えないんですか?

あまりに初心者すぎる私ですが、もしよろしければ御教授お願いいたします。
Posted by 超初心者 at 2012年03月11日 18:40
超初心者さま

ご質問ありがとうございます。

ご質問の「クイックシュー」と「クイックリリースプレート」は一般的に同じ意味として使われます。

日本国外はで「クイックリリースプレート」とか、「QRプレート」などと呼ばれることが多いようです。

「クランプ」は、アルカスイス型呼ばれるタイプの雲台のクイックリリースプレートを装着する台の部分のことで、万力(クランプ)のようになっています。

一般には、三脚と雲台で用が足りると思います。
当Blog記事では「アルカスイス互換」とか「アルカスタイル」と呼ばれる、一部の酔狂な人の間で使われる機材の話が多いかと思います。

ちなみになぜアルカスイス互換がいいかと申しますと
・国外ではかなり標準的なスタイルであり、部品のバリエーションが多く、また必然的に優れた雲台も(国外には)多い。
・機種ごとに適合するようなプレートを出しているメーカ(Really Right Stuff, KIRKなど)があり、信頼性が高い。特にLプレートと呼ばれる縦横両用プレートは大変便利。
といったところかと思います。

ただ上記メリットを享受しようとすると、それなりの(一般的な感覚からするとかなり「酔狂な」)支出を覚悟する必要があります。

アルカスイス互換の雲台について、Markinsのサイトが比較的イメージがわかりやすいと思いますので、ご興味があればご覧ください。
http://www.markinsjapan.com/index.cgi?t=9#TAG02

お役に立ちますよう...
曽我
Posted by 曽我五郎 at 2012年03月12日 03:43
お願いいたします

GITZO 3型を購入する予定です。
雲台に「クイックシュ−」の取り付けした場合、安定性はかなり損なわれますか?

雲台に直接取り付けするのがBESTでしょうか。
ご意見を伺いたいと思います。よろしく。
クイックシュ−はベルボンQRA-35Lです。
Posted by フ-サンパパ at 2013年03月02日 11:33
フ-サンパパさん

ご質問ありがとうございます。
あくまでも個人的な意見ですが、
この手のクイックシューは、シューのベースとシューの接点が少なく、安定性は損なわれると思います。

クイックシューをつけるのであれば、アルカスイス型と呼ばれる万力(クランプ)でガッツリはさむタイプ、例えばKIRKやReally Right Stuffのクランプ、をおすすめします。

また想定されている雲台がどのようなものかわかりませんが、雲台についてはGITZOが特別よいというわけでもないので、雲台そのものをアルカスイス型、KIRKやReally Right Stuff, MarkinsやPhotoclam, SIRUIなどのものにするのがよいかと個人的には思います。

曽我
Posted by 曽我五郎 at 2013年03月07日 02:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43489471
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック