2011年04月06日

しっかり作られているSUNWAYFOTOの高級雲台

以下メモです。(^_^;)

以前ご紹介した中国のブランドSUNWAYFOTO
eメールの応対がなんとなく感じが良かったので気になっていました。
SUNWAYFOTO Ballhead DB-36TRLR
今回購入したのは、DB-36TRLR、ボール径36mmのアルカスイス型自由雲台で、MarkinsのQ3-TRなどに相当するモデルです。
Markins同様に、同サイズの雲台にはレバー式/ノブ式のクランプ、トラべラー三脚対応/非対応モデルなどが4種類がラインアップされています。
今回はレバー式クランプのトラベラー三脚対応モデルを選択しました。
トラベラー三脚対応モデルはメインノブとパンノブの角度が通常モデルは60°程なのに比べ、トラベラー対応モデルは90°になっており、トラベラー型三脚の脚を畳んだ時に干渉しにくくなっています。またトラベラー対応ノブ式モデルの場合、ノブが短くなっているようです。このあたりトラベラー三脚を持っていない場合はほとんど関係ないと思います。

SUNWAYFOTO Ballhead DB-36TRLR
ボール径: 36mm
基底部: 45mm
重量: 380g
高さ: 85mm
耐荷重: 18kg
ネジ径: 3/8" UNC


[特徴]
web製品説明より
・限りなく球形に近い楕円体を採用
現在市場にあるほとんどの自由雲台は、ボールの垂直方向は水平方向より0.07mm程度長くなっています。これは不意にボールが倒れないよう、ボールが横に傾くにつれて抵抗が大きくなるようにしてあるためです。
一方、SUNWAYFOTOは、垂直方向と水平方向の差を0.03mm程にしました。このことで、既存のメリットは活かしつつ、より滑らかな操作感を実現しました。

・高い質感のノブ
ノブのゴムをやめて、CNSのカッティングパターンにしました。このことでより操作性と耐久性を高めました。
・台座を倒す切り込みを2箇所に
ひとつはポートレイト(縦位置)用、もうひとつはチルト用です。
これは幾多もの破壊検査に基づいて設計されており、十分な強度が保証されています。
(筆者駐:多くのアルカスイス型雲台は切り込みが一箇所だけです。梅本製作所やKTSの雲台は任意の方向に切り込みを向けることができます。)

・(レバー式)クイックリリースクランプの採用

・クランプの幅の調整が手で可能
他社のものは、専用の工具やドライバーが必要なものが多く
RRSにいたってはそもそもユーザが調整できません。
・着脱可能な水準器
SUNWAYFOTO Ballhead DB-36TRLR
[仕上げ]★★★★☆
全体的に武骨でありながら決して安っぽくなく、
真面目に作られている印象。

[操作感]★★★☆☆
・ボール
大変精度が高く作られていて、締め込み時のブレも少ないです。
滑らかさは程良く、シルキーなMarkinsにやや及ばない程度です。

・クランプ
レバーはロックをボタンを押しながら(より正確にはスライドさせながら)でないと開くことができず、実際に操作してみるとスライドするのに力が必要で結構面倒。個人的にはこの点で、この雲台の評価は大きく損なわれることになりました。

例えばPhotoclamのものは、ハーフロックまではロックボタンを押さずに開くことができますし、MarkinsやReally Right Stuff(RRS)のクランプにはそうしたロックボタンがありません。
このあたりは安全性とのトレードオフですが、自分にはMarkinsのレバーが一番使いやすいと感じています。

・ノブ
アルカスイス同様のフリクションコントロールノブがロックノブの中に埋め込まれているのですが、この造形には凹凸がはっきりあって、他社のものに比べ操作しやすかったです。

これは選択した時点で分かっていたことですが、
ノブ式クランプのモデルは、滑落防止ピンがクランプ側についているのに、レバー式のこのモデルにはなぜかありません。
そのかわりRRS式のプレート側滑落防止ネジを受けるための溝が掘ってあります。

個人的には、利用中の他のクランプ(Markins, Photoclam)はクランプ側に滑落防止ピンがあり、プレート側には滑落防止ネジを付けていないため、ちょっと残念なところです。

また、調整ネジが露出しており、プレートの幅にあわせて手でクランプの調整ができるが大変便利です。ただ、筆者はネジを回す向きを間違えて、クランプが不意に分解し、部品を飛ばしてしまいました。

[その他]★★★★★
結構高級感のあるパッケージで、所有欲を満たしてくれそうな佇まいです。

[入手]
執筆現在日本の代理店はなく、eBayやAmazon経由でアメリカの代理店から買うか、TaoBaoで購入ということになりそうです。
私はeBay経由送料込み$235.90(購入時のレートで約2万円)で購入しました。輸入価格でこの値段はかなり高価な部類になると思います。

[結論]★★★☆☆
作りは十分にしっかりしており、質感も高い。
クランプを開く操作に指先に力が必要で、大変やりにくい。

価格はfirst choiseのMarkins Q3に比べ30%程度安く、
RRSやKIRK方式のに滑落防止ピンのプレートをレバー式で使いたい場合、
こちらの雲台は選択肢になり得ます。

ただ個人的にはこのモデルについてはノブ式クランプのほうが良いかと思います。
入手しにくいので日本に代理店ができるのが期待されますね。

追記Amazonで買えるようですね。(以下アフィリエイトになっています)
posted by 曽我五郎 at 00:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 雲台
この記事へのコメント
初めまして!最近5Dmk3を買ったのをかっかけに、三脚や雲台も欲しくなってしまいマズイ状況です(^_^;)
こちらのサイトはアルカタイプの雲台が多くレビューされていて、とっても参考になります。それぞれ一長一短あるようですが、sunwayfotoも良さそうですね。
ところでsunwayfotoのロゴマークですが、良くみるとJISマークそっくりじゃないですか?中国のコピー精神は凄いですね。いや、お陰で良い製品を安く手に入れられる恩恵も受けられるのですけどね…。
話し戻って、永く使うならやっぱりMarkinsがベストでしょうかね?
Posted by woodstock at 2013年01月09日 20:39
woodstockさん
コメントいただきありがとうございます。
ご返信遅れて申し訳ありません。
雲台の件、1型2型くらいの三脚であればMarkinsが動きがスムースで個人的にはよいかと思います。
大きめの雲台であればアルカスイスでしょうかね。

Sunwayfotoはそうですね。偶然とは思いますが旧JISマークに見えますよね...
ものはしっかりしてます。ちょっと動きが固いですが。

ではでは、楽しい写真生活を!
曽我
Posted by 曽我五郎 at 2013年01月15日 21:13
DB-44DLをやってみたことがあるかどうか知らないですが、俺はインタネットで見ました。最近購入したいですが、何か参考をいただけませんか?
Posted by hoojp at 2013年03月22日 16:28
hoojpさん
ご返信遅くなってすみません。

せっかくコメントいただきましたが、
リンクのあるどちらのサイトも、商用かつ運営者の名称がわからず、
またサイトリンク先サイトの自演の可能性がある(どちらのサイトも同じドメイン名レジストラ)と思いましたので、
恐れ入りますが
一旦リンクを削除させていただきました。

勝手を申しましてすみませんが、
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。
曽我
Posted by 曽我五郎 at 2013年04月03日 00:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44159934
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック