2011年02月19日

トラベラー三脚とは 三脚用語集 GITZOによる三脚のシリーズ名

トラベラー三脚とは
GITZOブランドの三脚のシリーズ名で、脚を180°折り返して収納することで、雲台部分の長さを節約してコンパクトにたためるモデル。
GIZTOブランドでは現在1型(=脚径24mmクラス)と2型(=脚径28mmクラス)のみがラインナップされている。

▼トラベラー型三脚の収納の様子 HORUSBENNU社のカタログより(GITZOには良いサンプルが見つからなかったので)


▼トラベラー三脚(GT1541T)の動きを収めた映像

また非常に多くのメーカが類似のモデルを出している。
参考:BENROトラベルエンジェルシリーズ, FEISOL, SIRUI TXシリーズ, Photoclam, HORUSBENNU, TRIOPO, FOTOPRO

システマティック三脚とは
GITZOブランドの三脚のシリーズ名で、センタポール(=エレベータ)が標準で付属しておらず、この部分にいろいろなユニット(センタポール以外にレベリングベースやビデオ雲台)を装着できる拡張性の高いモデル。
ユニット装着部分は通常の三脚に比べ大型の円形になっている。また何もユニットを装着しなくても(正確には付属のトップフラットプレートという簡単な円盤状の皿を装着するだけで)使用でき、その場合センタポールがないことで、通常の三脚より軽量かつ剛性の高い三脚となる。
GIZTOでは3型(=脚径32mm)以上がラインナップされている。

他社ではBENRO, FEISOL, SIRUIなどがこのタイプのモデルを出している。

エクスプローラー三脚とは
GITZOブランドの三脚のシリーズ名で、任意の角度で開脚、任意の角度でセンタポールを傾けることで、自由度の高いセッティングが可能なモデル。マクロ撮影など限られたセッティング環境の中で、自由なアングルで撮影したい時などに役に立つ(らしい=筆者は持っていない)。
自由度は高いが、剛性面ではやや不利な面もあるとの指摘が多い。
▼販売店Adoramaによるエクスプローラー三脚の説明

他ブランドではBENROネオフレックスシリーズVanguard, Giotto's(こちらはセンターポールは任意の角度で、開脚は三段階)
【三脚用語集の最新記事】
posted by 曽我五郎 at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 三脚用語集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45250376
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック