2015年10月20日

メモ:中一光学(Mitakon) 135mm F1.4プレオーダー受付中!

ソースは中国語のようなので、英語サイトのリンク。
Mitakon 135mm F1.4 フィルター径は105mm?!
22231017086_d54cafffe9_k_zpsekxe7k5w[1].jpg
http://www.mirrorlessrumors.com/mitakon-to-launch-the-world-s-fastest-135mm-f1-4-full-frame-lens/
個人的には同じ画角で明るいSonnar T* 135mm F1.8 ZAが現在最も稼働の多いレンズですので、この135mmF1.4は気になります。現在発売中の中一光学Speed Master 85mmF1.2もちょとだけ気になっておりますが...

追記1:
$2,999($500前金)でプレオーダー受付中だそうです。
Mitakon Speedmaster 135mm f/1.4
http://www.zyoptics.net/product/pre-order-mitakon-speedmaster-135mm-f1-4/
Specifications
Focal Length: 135mm
Max. Aperture: f/1.4
Min. focusing distance: 1.6m
Optical Structure: 11 elements in 5 groups (with 3pcs large ED elements)
Aperture blades: 11pcs
Clickless aperture ring
Filter thread: 105mm
Net Weight: 3kg
Camera mounts: Canon / Nikon / Sony FE
Quantity to be produced: less than 100pcs


追記2:
135フォーマットの135mmというのは銀塩時代にはF1.8未満の大口径が結構あるようで、F1.4だとノリタ光学のノリタール/Noritar 135mm f1.4(1970年)というのが写りも良く有名なようです。現在の日本ではデジタルカメラによって桁違いに高感度化も進んだことやボケの量より質が問われるケースが多くなったことで、むやみに大口径化することはなくなったようですが、中国を見ると大口径化を競っていた日本の高度成長時代をなんとなく想起させられます。
Noritar 135mm f1.4
http://www.penta-club.ru/forum/topic/59444-javelin-telephoto-13518/ より

関連記事:
メモ:SPEEDMASTER 50mm F0.95 M67 買った。中一光学│Mitakono(ZHONG YI OPTICS)
メモ:F0.85を誇るHande Vision IBELUX 0.85/40mmをちょびっと試写(m4/3で)
NOKTOR 50mm f/0.95 NEX Eマウント版「開放ではソフトな描写で扱いが難しいレンズ」(Steve Huff氏STEVEHUFFPHOTO.COM)
posted by 曽我五郎 at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | レンズ

2015年10月08日

メモ:SPEEDMASTER 50mm F0.95 M67 買った。中一光学│Mitakon(ZHONG YI OPTICS)

Mitakon Speedmaster 50mm f/0.95 PRO ver.を中古で購入(約6万)。
http://www.syzygx.com/index.php/2014-07-28-14-07-50/2014-07-29-11-45-44.html
Mitakon Speedmaster 50mm f/0.95 PRO ver.
焦点距離:50mm
レンズ構成:7群10枚
対角線画角:45°
絞り羽根枚数:9
最短撮影距離:0.5m
口径比:0.95
最大撮影倍率:0.1
最小絞り:F16
フィルター径:67mm
全長:87mm
重さ:720g

このレンズにはフィルター径58mmの旧型と67mmの新型(Pro ver.)があるがコーティングが違う他はどういう光学的な違いがあるかよくわからない。手元にあるのは67mmのもの。
バックフォーカスは短めでフルサイズEマウント専用設計となっている。
Canon EF50mm F1.0L USM(フィルター径72mm, 985g)と比べ、「ずいぶん小さいなあ」という印象。しかし実際に手に取ってみるとさすがにずしりと重い(720g)。
作りはしっかりしている。なおフィルターをはめた状態ではレンズ鏡筒先端部よりフィルターがはみ出てしまい、フードの脱着ができない。個人的にはかなりストレス。(フードの商品説明に「M67の初期ロットに使用する時、装着感が硬い場合があります。」とあるので、フィルターがあるとフードが脱着できない件とは意味が違うが直すならここも直すだろうから手元にあるものは初期ロットか?)

写りについては、普段使っている同様の大口径レンズEF50mm F1.0 L USMの印象があまりよくないためか、かなりまともに感じました。
まあLeica NOCTILUX M F0.95/50mm ASPH.が現在140万、EF50mm F1.0L USMが中古相場で30〜40万ということを考えると10万でそれなりの描写の50mm F0.95フルサイズのレンズが買えるのはちょっとした夢のよう。結構気に入ったのです。

参考:
- STEVEHUFFPHOTO.COM:The Mitakon 50 0.95 lens Review on the Sony A7s"It is a wonderful creative lens and I am proud to have one in my collection."
https://www.youtube.com/watch?v=eC1SukD_m_M
- 3D-KRAFT!:The 0.95 Shootout - Mitakon / Zhongyi Speedmaster 50/0.95 vs. SLR Magic HyperPrime CINE 50mm T0.95以前APS-C用のものを取り上げましたが、フルフレーム対応の50mm F0.95がSLR Magicから出てたんですね。この記事からはMitakonのほうが周辺での解像に圧倒的な差があるように見えます。SLR Magic 50mm T0.95 Hyperprime Cine Lens (FF)
- flickr:Mitakon 50mm 0.95 Speedmaster Group
http://fratkinphoto.blogspot.jp/2014/10/low-light-monster-mitakon-50mm-f095.html
posted by 曽我五郎 at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | レンズ

2015年08月13日

メモ:F0.85を誇るHande Vision IBELUX 0.85/40mmをちょびっと試写(m4/3で)

Hande Vision IBELUX 0.85/40mm
F0.85を誇るHande Vision IBELUX 0.85/40mmをPanasonic DMC-GX7で試用。
非常に高価なだけあって、この手の大口径としては全体に破綻のない端正な画質。
ただマイクロフォーサーズで使った場合F0.85というのは被写界深度で見るとフルサイズF1.7程度なので、感覚的にはフルサイズの85mm F1.8に近い。F0.85という数字のインパクトは大きいが実際の絵はフルサイズ大口径に慣れている感覚では意外とありふれた印象。
そう考えるとm4/3でこのレンズを使うのはそれほど有難味がなかったりする。APS-Cモデルで楽しむべきレンズと思う。(APS-Cでは50mmF1.2をSpeedBoosterで使うのとだいたい同じ感覚か...)

あと作りは重厚感があっていいのだが、レンズが大きく持つのにそこそこ力がいる一方でフォーカスリングが根元にあるため(根元を支えながらの)フォーカシングはしにくかった。

以下GX7で撮影。絞りは開放。Photoshopで縮小。
Hande Vision IBELUX 0.85/40mm Panasonic DMC-GX7

P1550665.jpg

Hande Vision IBELUX 0.85/40mm Panasonic DMC-GX7

Hande Vision IBELUX 0.85/40mm Panasonic DMC-GX7


Hande Vision IBELUX 0.85/40mm Panasonic DMC-GX7

P1550730.jpg

Hande Vision IBELUX 0.85/40mm Panasonic DMC-GX7g

明暗差の大きい部分を拡大。(粗探しになってしまいましたが、大口径レンズの開放ではごく一般的というか、むしろこの手のレンズとしては悪く無い部類と思います)
P1550656_.jpg
posted by 曽我五郎 at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | レンズ

2015年06月02日

YONGNUO YN35mm F2 14,000円。単焦点の撒き餌レンズの代わりになるのか?

Yongnuo(永諾)のYN35mm F2 が届きました。EOSとマウント互換でAFが使える単焦点です。
ebayで送料込み$116(購入時のレートで14,000円くらい)でした。
35f2-1[1].jpg
この画角の明るい単焦点、一本持ってスナップ取りに出るというような場合などに結構使いやすいと思うのですがCanonの純正だとそこそこのお値段しますよね。(旧型は3〜4万円、新型のIS USMは6〜7万円)
また手ごろな価格という意味では、EF50mm F1.8STMやEF40mmF2.8がありますが、前者だけではもう少し広角がほしいというニーズ、後者ではもう少し明るく...というようなニーズに十分に応えられたわけではなく、ちょっとコレジャナイ感がある人が多かったように勝手に思います。

YongnuoのYN35mm F2はそうした隙間を狙った製品と言えそうです。
正直な感想としては、旧型にあたるEF35mm F2をお安くしました...
というだけの商品に思いました。モーターもUSMやSTMでないので、AFはそこそこうるさいです。
光学系はまだ十分に試してみてはいませんが、下記を見てもまあ旧型と大差ないでしょう。
違いは少し軽いのと、絞り羽根が5枚(EF35mm)か7枚(YN35mm)かという程度に見えます。
あと距離計はありません。外観は旧35mmF2より旧50mmF1.8IIに近いように思います。

参考:Yongnuo YN35mm F2のレンズ構成
Yongnuo YN35mm F2のレンズ構成

参考:Canon EF35mm F2(旧型)のレンズ構成(1990年発売ですからレンズ構成に関する特許はおそらく切れていると思います)
Canon EF35mm F2のレンズ構成

でもこのちょっと試してみることができる価格ってすごく大事ですよね。
14,000円でAFが使える35mm単焦点。オールドレンズでもそれくらいはしますから。
初めての単焦点、もしかしたら何かと話題になる50mmF1.8よりこっちかも...

(あと、どうせなら入手が困難な50mm F1.0とかそういうのを純正比半額で出してほしいですねー)

追記 参考レビュー:おおむね値段だけという感じですね。
Yongnuo YN 35 mm f/2.0 review - Introduction - Lenstip.com
Pros:
中心部の画質は良い。good image quality in the frame centre,
良好な軸上色収差。moderate longitudinal chromatic aberration,
少々の倍率色収差。slight lateral chromatic aberration,
APS-Cでは少ない周辺減光。low vignetting on APS-C,
きれいなボケ。good appearance of defocused images,
安い。affordable price.

Cons:
周辺部では大変貧弱な画質。very weak image quality on the edge of the frame,
大きな歪曲。higher distortion than that of its direct rivals,
大きなコマ収差。huge coma,
それと分かるレベルの非点収差。noticeable astigmatism,
うるさいAF作動音。noisy autofocus.


Testing the Image Quality of the Yongnuo 35mm f/2 for Canon EF(注:文中の比較は旧型のCanon EF35mm F2)
これを見ると旧型のCanon EF35mm F2と同じ光学設計なのにこうも違うものかと思ってしまいますね。
posted by 曽我五郎 at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | レンズ

2014年08月16日

キヤノン アトムレンズ(放射能レンズ)リスト

メモ

硝材に酸化トリウムを使ったレンズは放射線を発し「アトムレンズ」などと呼ばれています。内部被ばくでないと健康上の害はほとんどないそうですが、光学的には特有の黄変という問題もあり、注意が必要です。なお黄変は紫外線の照射で改善するようです。
(Radioactive lenses - Camerapedia:より抜粋、キヤノンカメラミュージアムへのリンクは筆者)
FL 58mm f/1.2
FL 50mm f/1.8
FD 17mm f/4
FD 35mm f/2.0 (versions from the early 1970's, concave 前玉が凹レンズ)
FD 55mm f/1.2 S.S.C. Aspherical
(筆者注:キヤノンの55mm F1.2というスペックのレンズは、上記のレンズ以前にもFD55mm F1.2, 同AL, FD55mm F1.2 S.S.C, 同ALなど、いくつも製品がありますが、なぜ比較的新しい1975年発売のこのレンズ?という疑問は残ります)

参考:「アトムレンズとは(放射能レンズとは)トリウムレンズとは」
posted by 曽我五郎 at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | レンズ